現在では脱毛を取り扱っている機関はたくさんあり、その多くがリゼクリニックのような病院、シースリー 鹿児島のようなエステサロンになります。

このクリニックや病院で行う事ができる脱毛が医療脱毛と言われておりますが、医療脱毛には多くのメリットがあると言われておりますが、デメリットはないのでしょうか?

そこで、ここでは、医療脱毛のデメリットについて説明します。

まずは、医療脱毛メリットである高出力のレーザーを照射することができるという事についてですが、これが実はデメリットになってしまう場合もあると言うことです。

それは、出力の高いレーザーを照射することで肌へのダメージも大きくなるからです。
肌へのダメージが大きいと肌が荒れてしまったり、時には火傷を起こしてしまう事もあるからです。

実は、医療脱毛のレーザー機器はエステサロンなどで使用されている機器よりも数倍の出力になっておりますので、このようなリスクに対応できるよう、医療機関でのみの使用を許可されているということなのです。

万が一火傷等のトラブルがあっても医療機関であれば、迅速でさらに、的確な処置を行う事ができると考えられているからです。

そして、次のデメリットですが、医療レーザーの価格についてです。

医療機関でのレーザー脱毛は、エステサロンに比べて数倍の価格が一般的となっております。
そのため、永久脱毛などにおいては、無期限の保証を付帯させていることもめずらしくはありません。

ただし、この価格には大きな落とし穴があり、エステサロンでは、一回につき、いくらという記載が多いのですが、これと比べてエステサロンの方が安いと考えてはいけません。

医療脱毛とは違いエステサロンでの施術は施術回数が多くなります。
これは個人の体質が大きく関わってきますので、数回~数十回と大きな幅もあります。
そのため、回数×金額になってしまい、逆に高くなってしまう場合もありますので、無料相談やカウンセリングで総額でおおよそいくらかかるのかという事も確認するといいと思います。