医療脱毛で脱毛をすることができない部位があるのかどうか気になっている方も多くいると思います。

そこで、ここでは、医療脱毛で脱毛出来ない部位があるかという事について説明します。

まず、この質問に対する答えは、「医療脱毛で脱毛出来ない部位がある」という答えになります。

医療脱毛の多くは医療レーザー脱毛という脱毛方法を採用しており、レーザー脱毛とは、照射した部位にある黒色に反応し脱毛をしていくと言う方法になります。
そのため、黒色のアザやほくろ、しみなどがある場所にレーザーを照射してしまうと、過敏に反応し過ぎてしまい、火傷を起こしてしまう可能性があるため、この様な部位にはレーザーを照射するはできません。

しかし、小さなほくろやしみ、アザであれば、シールを貼ってガードした上で照射することもあるようですので安心してください。

また、黒色に反応するという特性から、日焼けをしている場合のレーザー脱毛も行う事ができないという事になります。

この様な部位には照射することができませんが、IラインやOラインといったデリケートな箇所でも、脱毛をすることはできると言われており、基本的には、粘膜以外の部位であれば、レーザー脱毛はできるとの事です。

脱毛を行う前に担当医とのカウンセリングがある事がほとんどですので、このような疑問や不安はカウンセリング時にしっかりと質問し、解決してから脱毛を行うようにしてください。

また、毛質や肌質なども個人個人異なるものです。
別の患者の例を出して話してくると言うのはよくある話ですが、自分から
「自分の場合はこのような事があるのですが、問題ありませんか?」
等と積極的に質問をすると良いと思います。

後からここの部位だけは脱毛ができなかった、この部位は色素沈着をしていたため、火傷のようになってしまった等と言われても納得できないと思います。

せっかく高いお金を支払って行う脱毛ですので、自分の納得する効果を得るようにしましょう。

熊谷脱毛サロンで満足宣言!
満足100%宣言!熊谷脱毛サロンできっと満足いただけます。
http://xn--ipw34jq9orwk.net/