医療脱毛とレーザー脱毛に違いがあるかということについて説明します。

まず、医療脱毛は、医療機関でのみ行う事ができる脱毛のことで、さらに、医師の免許をが必要になり、使用している医療用脱毛機器も厚生労働省の認可を得ている機器を使用して行う脱毛となっております。

次にレーザー脱毛についてですが、これは、黒色吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与えて脱毛する方法の事です。

レーザー脱毛は黒色に反応する波長を当てる事で脱毛するのですから、針脱毛の様に時間がかかる事はなく、短時間で広い範囲の脱毛を行う事ができるという事が一番の特徴という事になります。

しかし、デメリットには黒色に反応するという事から、肌の色素が濃い部分に使用しにくいという事が挙げられており、レーザー脱毛をする上で注意をしなければいけない事もあります。

それは、施術前の日焼けになり、日焼けをしてしまうと肌自体が黒くなってしまうため、レーザーを当てる事ができないという事にもなりかねないからです。

結論としては、医療脱毛とレーザー脱毛には違いがあるという言い方よりも、医療脱毛のひとつにレーザー脱毛という脱毛方法があるという事が正しい言い方と言えるでしょう。

反対に言えば、レーザー脱毛をエステサロンで受ける事はできません。
先ほど、説明した通り、医療脱毛は医療機関でのみ行う事が出来る脱毛になるからです。

これらのリスクがあるため、万が一のトラブルに備え、「医療機関のみレーザー脱毛は許可されている」といえます。

そして、レーザー脱毛は、アザやホクロに医療用レーザーを照射して焼き取る治療が発端と言われており、これらにレーザーを当てたところ、その部分の毛が生えてこないという事が認められたと言われております。

その後も色々な試みや失敗を経て現在の質の高いレーザー脱毛にたどり着いたと言われていますが、まだリスクがある以上しっかりとした医師によるレーザー脱毛を行いたいものです。

この様に、施術を受ける前のカウンセリングでしっかりと注意事項などを確認をしてから脱毛を行う様にしましょう。
名古屋でレーザー脱毛した女性の体験談
もっと早く脱毛しておけば良かった!後悔する前に名古屋で本格脱毛にトライ!
www.imc9.jp