医療脱毛と針脱毛に違いがあるかということについて説明します。

まず、医療脱毛は、医療機関でのみ行う事ができる脱毛のことで、さらに、医師の免許をが必要になり、使用している医療用脱毛機器も厚生労働省の認可を得ている機器を使用して行う脱毛となっております。

次に針脱毛についてですが、細い針を毛穴に挿入して微弱の電流を流し、発毛組織を電気の熱によって凝固させる脱毛方法の事を針脱毛、またはニードル脱毛と呼んでいます。

これは医療機関でも同じものでここまでは各機関による小さな違いはあるにしろ、大きな違いはありません。しかし、施術の方法に違いがあるとのことです。

ニードル脱毛は、脱毛の方法でも一番昔から実践されている手法です。電気の針を使い、毛穴ひとつひとつに電気を通して、毛包を壊す脱毛の方法です。時間がかかることや痛みが強いイメージで避けられやすいですが、しっかりした脱毛が見込めますし、腕に日焼け、大きなほくろなどがある場合も、大丈夫な脱毛方法です。

先ほども説明した通り、針脱毛は、毛穴に細い針を挿入する脱毛方法です。そのため、どうしても痛みが生じてしまう脱毛方法となりますので、医療機関では、麻酔を使って、痛みを軽減させることができるのに比べ医療機関ではないエステサロンでは、医療行為である麻酔による痛みを軽減させることができません。ここに大きな違いはあると言えると思います。

従来の脱毛サロンでの脱毛法として挙げられていたのは、針を用いるニードル脱毛ですが、最近ではフラッシュ脱毛が、主要な方法となってきたので、このニードルのようにひどく痛むことはありません。そのため、早い時期からフラッシュ脱毛でケアする若い世代が多くなってきましたね。痛まない脱毛法でキレイな仕上がりになるのならぜひ試してみたいものです。

また、医療機関でもニードル脱毛とエステサロンでのニードル脱毛には価格の面でも違いがあります。単純に麻酔を使用する分医療機関でのニードル脱毛の方が価格は高くなってしまうと言える事がわかると思います。そのため、医療機関でも必ずニードル脱毛の際に麻酔を使用するという事ではなく、希望があれば麻酔を使用し、痛みを軽減させるという事になっているようです。ニードル脱毛は、痛みというリスクがある分、永久脱毛の効果はとても高い脱毛方法になっていますので他の脱毛方法と比較してしまうと大変悩んでしまう脱毛方法かと思います。

しかし、実際には、現在の医療機関でニードル脱毛を採用しているところは少なくなっているという事も現状で、これは、医療レーザー脱毛でも十分効果を出す事ができるという事の他に、医療機関にとっても、ニードル脱毛にかかる時間と技術者を抱えるコストが大変という理由との事です。

クリニックでの医療脱毛とエステサロンや脱毛サロンでの脱毛の違いは脱毛後の手入れのしやすさと言っていいでしょう。時間をかけた専門医によるカウンセリングを受けないと使用できない脱毛マシンで施術をするため脱毛したいならエステよりクリニックです。エステでの脱毛ではムダ毛があまりきれいに処理できなかった人でも病院やクリニックの脱毛なら多少の痛みをこらえて行った成果を感じられるでしょう。病院での医療脱毛は安全と流布されていますが、とは言うものの、全然リスクがない訳ではありません。クリニックでしか扱えない脱毛器具であっても、ヤケドやニキビ、毛のう炎などのトラブルに見舞われることがあります。何も医療機関での脱毛に限ったことではなく、エステでの脱毛でも起こる確率があるものです。

この様に、医療脱毛とエステ脱毛には大きな違いがありますので、施術を受ける前のカウンセリングでしっかりと確認をしてからどちらで脱毛するか考える様にしましょう。

神戸 脱毛
関西にしかない人気の脱毛店を網羅。特に神戸の一押し脱毛店を皆様のご紹介!!
http://www.xn--0ou97spkl7sh.jp